銀行で利用する事業融資とその特徴

銀行の事業向けの融資が便利(女性/50代)

私は銀行から借り入れできる事業融資を頼って資金調達をしました。やはり事業を効率的に進めるには借り入れをするのが大切ですが、安全に信頼して借り入れできる所からでなければ全く意味がありません。返済の据え置き期間もあって、金利も十分低いのはやはり銀行でした。

 

ちょうど住んでいた地域の地方銀行からの借り入れはできそうだったので、専任の担当者を付けて審査に通せるようにしていきました。借り入れる必要があったのは1000万円で、新しい事務所開設のための費用でした。会社側で得ている利益も十分ありましたが、その事務所はそこだけで会計処理をしたかったので、借り入れてから運用していくことにしました。

 

銀行からの利用だったので審査も少し厳しかったのですが、しっかり銀行側の担当者とも話をしながら手続きができたので、ギリギリ必要な金額は借り入れることができました。銀行から借り入れるために事業計画書を少し変更して提出する必要がありましたが、プランは十分ねってあり、銀行側にも理解してもらえたのでトラブルもなく借り入れできました。今のところ追加融資も必要なさそうでしっかり事業も進められています。やはり事業融資の借り入れをするならば銀行のサービスが一番です

 

金利も低かった銀行の融資(男性/30代)

私は銀行からの借り入れで事業をしています。最初の運転資金というものや設備の導入に必要になるような資金は、やはり金利も低めで利用できる銀行が一般的だと思っていたので、地域の銀行を頼りました。事業そのものも地域の産業に根差したものだったので融資を受けるのはそこまで難しくはありませんでした。

 

借り入れたのは約1500万円で、最初の時だけの借り入れで十分運用できました。まだ返済は終わっていませんが15年かけて返済していくように設定しており、だいたい年間100万円返済できれば良いという余裕のあるものを利用できました。金利は2%程度で負担はほとんどなく、そこまで毎月の支払いで困ることもありません。ただし、毎月10万円くらいの返済をしなければいけないので、月々の負担はやはり事業単位で見ると大きくなってきます。

 

返済までは、残り9年ほど残っていますが、今のところ事業も成功して貯金もできているので返済ができなくなることはなさそうです。途中金銭管理などで税理士や銀行の担当者の方にも相談ができたので、今後もこのまま順調に返済を進めていければと思います。

 

審査に通るまでが大変だった(女性/40代)

事業融資を今は安定して利用できていますが、借り入れするときはとても大変でした。事業計画書を見せても、その事業に細かく指摘があり、少しでもお金の計算で利益が出せそうなところを見つけると色々と手直しをした方が良いという意見を多く言われました。お金を貸してもらうのですから、あまり反論はしたくないですが、こちらもじっくり練りこんだうえでの事業計画書だったのでかなり不愉快でした。お金を貸す側としては事業が失敗しないようにするためのものかもしれませんが、やはりコンセプトなどまで話が食い込んでくるとそんな銀行は頼れないのが本音です。

 

最終的にはしっかり計画を理解してくれて、提案の仕方も一般的だった地方銀行を頼りました。あまりお金を借りて運用をすると文句を言われることも多くなりそうだったので、早く返済しきれそうな金額だけ借り入れて事業を進めることにしました。銀行の借り入れは必要な資金の30%ほどにとどめて、足りない分は投資家を頼ることにしました。

 

その方が事業がぶれることもなく、銀行よりは安全にビジネスができそうでした。結果的に事業は成功して、返済も3年ほどで終えられました。銀行からは追加融資の話なども来ましたが、あまり最初の対応のひどさもあって信用できなかったので、融資は受けていません。審査に通過するまでは決して楽ではないので、ビジネスの軸がぶれないようにしつつ、銀行にいる人間のことも考えてこちら側からも審査をするようにしましょう

 

まとまったお金は銀行からの融資が一番

大きなお金は銀行の融資が頼れる

工場の機械類や複数の自動車を購入しなければいけない場合、借り入れなければいけないお金も多額になります。そのため、融資額が大きな銀行のサービスを利用するのが一番リスクが少ないです。審査も銀行のほうが、余裕を持て相談できるため初めて融資をしてもらうような場合には、税理士とも協力しながら話を進めていくとよいでしょう。

 

借り入れる理由や何を買うためにお金を使うのか、会社や事業側で用意できているお金はいくらなのかといったかなり具体的な話も必要になるため、できる限り専門家の意見を交えていった方が結果も出しやすいです。事業計画書についても税理士の意見が混ざっていれば銀行に相談する前から説明する準備もしっかりできるはずです。

 

事前のリサーチは非常に重要

事業融資の申し込みをする前から様々な情報を集めておく必要があります。銀行は特に業種によってはその手の情報も多く持っているので、融資を申し込んだ業種の競合などもすでに知っている場合が多いです。そのため、リサーチを入念に進めておかないと融資の相談をしたときに質問に答えきれずに審査まで時間がかかってしまうこともあります。開業資金を確保する場合には時間がかかるのはそこまで問題ではないですが、設備導入などをしなければいけないときはその分事業運営にも影響が出てしまいます。

 

会社の内部のことばかりではなく、業界の情報も合わせてリサーチしましょう。リサーチをするときにはコンサルタントや税理士、弁護士なども頼って事業に対するリスクが少ないことをしっかり証明できるようにしておくと有利です。

 

金利や返済期間にも注意しよう

銀行から事業融資を受ける場合も金利と据え置き期間、返済期間には十分注意しましょう。据え置き期間に支払う金利は事業の初期はかなり大きな負担になるのでできるだけ金利が低くなっている方が安心ですが、借り入れる金額が大きい場合には負担もやむをえません。

 

返済期間に関しては300万円から500万円の借り入れならばあまり長くなくてもよいですが、1000万円の借り入れで5年返済になっていると非常に厳しいです。計画的に借り入れをする場合には、特に銀行側から提示してもらうサービス内容も検討し、安全に事業融資を頼れるようにしましょう。一つの銀行でダメな場合も、ほかの同じ地域にある銀行も工夫して頼って、事業融資を確実に利用できるようにしてください。